前回はLAMYばかり紹介したので、今回は別のものです。


STAEDTLER 925 35
STAEDTLERも、LAMYと同じくドイツの文房具メーカーです。
本来は製図用らしく、私には無用の長物なのですが、硬派でソリッドなデザインに惹かれて買ってしまいました。

ペン軸
DSCF6371
全長約15cm、軸はアルミ製です。
剛性が高く、力いっぱい書いても軸はビクともしません。

ペン先・グリップ
DSCF6372
筆記時の視認性を確保するために、ペン先は特に細く作られています。
グリップには網目状の滑り止めが掘られていて、軽い力で握ってもズレたりブレたりしないようになっています。
グリップ根本には、芯の濃さを確認する窓もついています。

プッシュボタン
DSCF6373
対応した芯の太さが記されています。
ハードな黒地に暗めの赤数字、カッコいいです。

クリップ
DSCF6374
金属製、軸と同じアルミでしょうか。
かなり硬いので、デニムなど厚手の生地に挟むのは向いていないかもしれません。


今までに使ったシャープペンシルの中では、最も使いやすかったです。
軸が硬いので、長時間握っていると手が痛くなるかなあと思ったんですが、グリップの滑り止めが大変優秀で、あまり力を入れなくても握りがズレたりすることはありません。

また、ペン先が細いので、線を書いている箇所が常に視認できます。
さすが製図用、とにかくなにかを書く・描くのには非常にいいシャープペンシルです。

もちろん欠点もあります。
まず、アルミ製のため重たいことです。
三菱鉛筆・クルトガが9.8gなのにたいして、STAEDTLER 925 35は17g。
たった7gちょいとお思いになるかもしれませんが、長時間使用していると、この重さは結構キます。
925シリーズには軽いプラスチック軸の製品もあるので、そちらでもいいかもしれませんね。
(私は金属大好きなので、これからもアルミを使いますが)

あとは若干高いことです。
シャープペンなんて100円以下でも買えますから、このへんは趣味の領分ですね。
筆記しやすさは大変優れているので、シャープペンシルを頻繁に使う人であれば、買って損はないと思います。



三菱鉛筆 クルトガ
これも写真を載せようと思ったのですが、使い潰してボロボロだったのでやめました。

個人的な意見ですが、値段や機能を考えると最高のシャープペンシルだと思います。
芯が回転していつでも均質な字が書ける、とんでもない機能です。
しかも普通のシャープペンに毛が生えた程度の値段で買えます。
強いて欠点を挙げるとすれば、ややダサいことと、プラ製なので壊れやすいことくらいでしょうか。


CUBIX ラウンドジップ
最後はペンケースです。
普段から無意味にたくさんの筆記具を持ち歩くので、大きめのものを使っています。
DSCF6411

W.C.P.(ワールドCP)という会社が扱っているものらしいのですが、詳しいことはよく分かりません。
DSCF6412

長方形の筆箱は3面がジッパーになっていて、観音開きにすることができます。
DSCF6413

また、ペンケースの内側には、上にペンホルダー、下にメッシュポケットがついていて、ペン以外のものも収納できるようになっています。

ペンホルダー
DSCF6415

メッシュポケット
DSCF6414

ファスナーポケット
外側にもファスナーポケットがついています。
DSCF6416

生地
DSCF6417


外側の生地はパラシュートに使われるのと同じ生地らしく、かなり頑丈です。
試しに包丁を思い切り突き立ててみたところ、さすがに破れてしまいましたが、切りつけ程度なら十分に耐えます。
内側は普通の化繊です。
残念ながら防水ではありません。
耐熱は試していませんが、使用しているうちに擦り傷がたくさんついてきたので、摩擦にはあまり強くないのかもしれません。

容量が大きく収納もしやすいため、大変使いやすいです。
観音開きにできるので、ゴソゴソとペンを探す必要がないのもいいですね。
ただ最近は「こんなにデカくなくてもいいかな……」とも思っています。


少し前に文具を処分してしまったので、今手元にあるものでオススメできるのはこれくらいです。
カラーボールペンはUni・FANTHOMという「消えるボールペン」を使っているんですが、コレはイマイチです……。
DSCF6401

DSCF6405

同じ「消えるボールペン」なら、PILOT・フリクションのほうががいいと思います。


今度は、使った/使っている手帳・ノートを紹介したいと思います。