先日Twitterで文房具の話になりまして、私も文房具が好きなもので、幾つかのアイテムをご紹介させて頂きましたが、せっかくなのでブログの方にも書き留めておこうと思います。
筆箱を開けてみたら結構いろいろ入っていたので、とりあえず今回はLAMYというメーカーに絞って紹介します。

LAMY(ラミー)は、ドイツの筆記具メーカーです。
文房具メーカーとして高い開発力・生産技術力を持つだけでなく、機能性とデザインを融合させた製品づくりを行っていることで有名です。


safari(サファリ)
ラミーの定番モデルです。
制作コンセプトはビジネスよりもヤングカジュアル向けみたいですが、私は普通に会社で使ってました。
レッドやブルー、イエローなどビビッドカラーのペンを、東急ハンズなどでご覧になったこともあるのではないでしょうか。

ペンシル

DSCF6376
私の持っているものは、ペン軸が透明なスケルトンです。
大変シンプルですっきりとしたデザインです。
一見なんの変哲もありませんが、握る部分には凹みがつけられており、長時間の筆記でも疲れたり手が痛くなったりしないよう工夫されています。
また、大変丈夫な樹脂で作られていて、筆圧をかけても歪んだり弛んだりすることはありません。

ノックカバー・クリップ

DSCF6377
本当なら転がり防止用のゴムがついているのですが、ふざけて外したらそのまま紛失してしまいました……。

クリップは、直径1mmほどのワイヤーで作られています。
個人的にはこのクリップが一番推薦したいポイントです。
まず、2本のワイヤーを使い面で留めるので、胸元でブラブラ揺れたり、ポケットからズリ落ちたりしません。非常に安定しています。
また、太いシルバーのクリップは、ポケットに挿した時などにたいへん目立ちます。
暗めのスーツの胸ポケにsafariを挿しておくと大変見栄えがよく、アクセサリー感覚でも使えます。

ペン先
DSCF6378
高いだけあって、各部品が大変精巧に作られています。
「シャープペンシルの芯が出てこない!」なんていうトラブルとは無縁です。
ただ、替芯は国産のテキトーなものなので、「書き味がすごい!」ということはないです。


ボールペン
DSCF6382
safariシリーズは、シャープペン・ボールペン・フタつきボールペン・万年筆の4種類、それぞれに7~8色のカラーラインナップが用意されています。
シャープペンとセットで使うので、ボールペンもスケルトンにしました。

ノックカバー
DSCF6383
カバーはゴム製です。
押すと「カチッ」っといういい音がします。
購入してから現在までの約10年間で何千回・何万回押したか分かりませんが、一向に壊れる気配がありません。
さすがドイツ製ですね。

ヘッド・グリップ
DSCF6384
シャープペンと同じく、グリップには凹みがつけられています。

リフィル
DSCF6387
ボールペンは、専用の替芯を使います。
芯は太めで非常に書きやすく、インクの出も最後までいいのですが、いかんせんこの替芯が高いのですね……。


万年筆
DSCF6389
格好をつけて買ってみたんですが、使う機会はほとんどありませんでした。
なぜかこれだけ黒です。

キャップ・クリップ
DSCF6390
シルバーのワイヤークリップは、シャープペン・ボールペンと同じです。

ペン先
DSCF6391

インクカートリッジ
DSCF6392
万年筆は、使い捨てタイプのカートリッジ、インクを補充するタイプのコンバーター両方に対応しています。
コンバーターは面倒くさそうだったので、カートリッジにしました。

ペン先側にカートリッジを差し込み、フタをはめてやればインク補充完了です。
簡単です。
DSCF6393

ペン軸後部には、LAMYのロゴが彫られています
DSCF6394

自分はスケルトンを使っておいてこんなことを言うのもなんですが、safariと言えばやっぱり鮮やかな原色のペン軸がいいと思います。
今年の限定色もステキです。




tipo(ティポ)
DSCF6395
こちらはビジネスユース向けのモデルらしいのですが、大変かわいらしいデザインです。

ノック・クリップ
DSCF6397
黒いクリップがそのままノックになっています。
ペン軸の端にはLAMYのロゴが。

ヘッド
DSCF6398
サファリと同じく、大変強い樹脂でできています。

グリップ
DSCF6399
グリップ部分には、軸を握りやすいよう凹凸がつけられています。

リフィル
DSCF6400
サファリのボールペンと同様の替芯方式で、サファリと同様に替芯が高いです……。
また、サファリとティポでは替芯の互換性が無く、使い回しはできないので注意してください。
サファリと比べると線がいっそう太く、インクがやや水っぽい、水性ペンのような印象です(実際は油性です)。



LAMYのペン、一見オシャレ筆記具なのですが、さすが工業の国ドイツの製品、作りが大変しっかりしていて、どれも長く使えます。
(上に挙げた私の所持品は、どれも10年選手です)
少し値は張りますが、安物のボールペンと比べれば使用感もまったく違い、字を書くことのストレスが大幅に軽減されるように感じます。

使っているうちに愛着の湧いてくるメーカーです、超オススメです。