岐阜県高山市へ行かれたことはあるでしょうか。
昔から『小京都』と呼ばれ、ミシュラン観光ガイドの三ツ星にも選ばれた観光地です。

高山市と言うと、メジャーなのが『古い町並み』と呼ばれる景観保存地区、また近傍の白川郷・合掌造り集落ですが、他にも面白い場所がたくさんあります。
私の知る範囲でですが、いくつか紹介したいと思います。

JR高山駅
DSCF6419
高山市には、岐阜県を縦断するJR高山本線が走っています。
岐阜県北部にはJR以外に鉄道会社が存在せず、電車で高山へアクセスする場合は、この路線を使うしかありません。
(主要都市からのバス路線はたくさんあります)
全線単線、非電化のレトロな路線です。
ついこの間までキハ40形というかわいらしい列車が走っていたのですが、2015年6月で全車入れ替えとなり、今は新しい列車で運用されています。

JR高山駅は、1934年の高山本線開通時から80年間にわたり、木造の駅舎が使用されてきました。
しかし、駅入口・改札が線路東側にしか無く、また通り抜けもできないため、人の流れが駅を挟んで東西に分断されていました。
また、改札のある駅東側の開発は進んだものの、逆に西側の開発は長年進まず、未だに更地が目立っているのが実情です。
駅周辺の再開発に伴い、東西両側から出入りできる橋上駅が計画され、2015年に工事が開始しました。
現在旧駅舎は取り壊され、新しい駅舎の建設が進んでいます。


駅を出て少し北へ行くと、『国分寺通り(国道158号線)』という通りに当たります。
その名の通り、飛騨国分寺に面する東西の通りです。

高山市、古い町並み以外にも、そこかしこに町家(江戸時代の町人の家)やそれらしい家屋が残されています。
理由はいろいろ考えられますが、市の条例で建物の建築に制限が課せられていること(一定以上の高さの建物は建ててはいけない、新築・改築の場合でも町家を保存しなければいけない)ことが大きな理由でしょうか。
市を挙げて街の景観を守っています。
また、飛騨地方の大工は古くから『飛騨の匠』として知られ、その建築技術の高さから、今でも丈夫な家が残っていることもあると思います。

旅館『かみなか』
これはかなり古い建物です。
DSCF6420


旅館『いろは』

これは比較的新しい建物ですが、様式・配色は古い町家のものを踏襲しています。
表面に焼色をつけた木材は、このあたりの建築物の特徴です。
DSCF6422

DSCF6423


国分寺通りから1本北へ上がった通りです。
このあたりになると雑然としてきます……。
DSCF6427

ちなみに、高山の街の中心部はキレイな碁盤の目状に整備されており、これも『小京都』と呼ばれる所以でもあります。
(通りにキチンとした名前がついているわけではないので、通常「上る」「下る」という表現は使いませんが……)

お好み焼き 独楽
おいしいです。
DSCF6428

居酒屋 あじ平
飛騨の名物は、ここでたいていなんでも食べられます。
カジュアルに入れるのでオススメです。
DSCF6431

こういった路地も現役です。
DSCF6432


一番街
DSCF6451
岐阜県飛騨地方で一番の繁華街です。
付近の町名から『朝日町』とも呼ばれます。
広さは50m四方くらいでしょうか、飲食店がひしめいています。
DSCF6452
ちなみに、高山市にはスケベなお店は1軒もありません。
ヘルスはありませんし、ピンサロもデリヘルもセクキャバも、キャバクラすらありません。
市の条例で、営業が禁止されているそうです。
その代わり、スナックはたくさん営業しています。
クオリティは推して知るべしですが……。

半弓道場

その名の通り、弓矢が射ることができるそうです。
気になってるんですが、入ったことがありません。
DSCF6453

高山市といえば岐阜県山間部、飛騨牛や山の幸ばかりが注目されますが、意外と魚も美味しいです。
古くから富山と交流が深く、『ぶり街道』という寒ブリを運ぶための道も存在し、今でもブリや白エビなど日本海の美味しい魚介が入ってきます。

市民広場
DSCF6457
一番街そばにある公園です。
夏は催し物などに使われます。
待ち合わせなどにもどうぞ。
高山市は治安がいい(というか人がいない)ので、ココで寝ることも可能です。

でこなる横丁
DSCF6455
一番街の北あたりに最近新しくできた、飲食モールです。
今は数軒しかテナントが入っていないそうですが、今後に期待です。


歩いていれば見かける場所ばかり紹介するのもなんなので、地元の人も行かない、近所の人しか行かないスポットも紹介したいと思います。

しょんべん横丁
朝日町と呼ばれる繁華街の端、少し外れた場所にあります。
なぜ『しょんべん横丁』と呼ばれるのかは分かりませんが、なんとなくそういう雰囲気はあります。

幅1.5m、長さ10m程度の路地に面する長屋で、10軒の飲食店が営業しています。
DSCF6469

小田原、藤沢、浜松……。
DSCF6472

『ふじ川』、こんなナリですがスナックです。
DSCF6479


バグパイプ
米澤穂信『氷菓』という小説およびそれを原作とした同名アニメの舞台となった純喫茶です。
ココは観光地ド真ん中ですね。
外装も内装も大変シックで落ち着きます。
ドリンクは飛騨のフルーツジュースがオススメです。
DSCF6485

DSCF6484

次回は、市街地から少し離れたエリアを紹介します。