なんの用事で名古屋へ行った時か忘れましたが、ずっと念願だった中村遊廓を見に行きました。

・あまりにも風紀紊乱な名古屋駅西側

DSCF4253


中村遊廓は、東京・吉原や神戸・福原と同じく、江戸期から続く公娼・旧赤線です。
成立は吉原よりも遅い江戸時代の安政年間で、長い歴史の中で何度か移転を繰り返し、現在残る場所に落ち着きました。
昭和初期には娼家約140軒、娼妓2,000人、1日に3,000人程の客が登楼する賑わいを見せ、花魁道中を催すなど大変に栄えました。

しかし、戦中に名古屋は大規模な空襲を受けたこと、戦後には公娼制度が廃止され、その後売春防止法が施行されるなど、時代に揉まれた結果、現在は10軒のソープランドが営業するだけとなっています。

特殊浴場として営業を続けている店舗は少数ですが、街並みは健在です。
旧遊郭で廓の区分けに使われていた『日吉』『寿』『大門』『羽衣』『賑』という呼称が、現在の地名にもそのまま残されています。
(現在のソープ街としての中村遊廓を指す時は、『大門(おおもん)』と呼ぶことが多いです)

今はすっかり住宅街ですが、土地の区画割りや道路の配置は遊郭存在時とほぼ同じで、地図を一見しただけで、もとは大きな廓があったことが分かると思います。

・旧中村遊廓
ピアゴ中村店を中心にした一帯が、中村遊廓の敷地でした。
画像の四隅を見ると、それぞれ道が斜めに通っている場所がありますが、これらが昔の廓の入り口です。
廓跡の大きさは約300m四方で、大通りは商店街に、周辺には住宅やマンションが建っています。
nakamura

中村遊廓は、吉原遊郭を模して作られたそうです。
外周は堀で囲われており、廓への入り口は斜めに通されていました。
(外から廓の路地を覗き見できないようにするため。この斜めの路地は今もそのまま使われています。)

また、郭跡を東西南北に貫く大通りの端には、大門の跡を見ることができます。
(これは商店街の入り口にしか見えないっていうか、多分大門商店街の入口ですね、他にもあります)

DSCF4300


大変状態のよい旧妓楼も残されています。

・料亭 稲本

ベンガラの壁がステキです。
DSCF4331

・現在は、デイサービスセンターになっています
DSCF4270

DSCF4269


・松岡商店
DSCF4344

・今も利用されているようです
DSCF4323


・旧松岡旅館
DSCF4272

・こちらも現在はデイサービスセンター

DSCF4273


・蕎麦 伊とう
妓楼の名前は分かりませんでしたが、今はお蕎麦屋さんに模様替えしています
DSCF4315


・トクヨク
DSCF4292

・トクヨク
右がアパート、左はソープです
DSCF4275

・トクヨク

DSCF4334


さて、遊郭跡の中心部で営業しているピアゴ中村店というのは、ソープランドではなく、東海地方大手のスーパーです。
当然家族連れ・親子連れもたくさん買い物に来るわけで、ココで入浴するのはかなり度胸が要りそうです。

・ピアゴ出入口の目の前がトクヨクなんですよ、信じられません
DSCF4314


昔ながらの建物も、たくさん残されていました。

・ビリヤード場
DSCF4295

・中華料理でしょうか?
DSCF4297

・そういう建物に見えてきます
DSCF4307

DSCF4304

・お魚屋さん
DSCF4309

・廃墟かと思いましたが、ラーメン屋のようです
DSCF4310

・いい並びです
DSCF4306

・銭湯
DSCF4345

・これは妓楼でしょうね

DSCF4342

DSCF4324

・これも妓楼ですかね
改装しつつ民家として使われているところもあるようです
DSCF4320


ピアゴの屋上から、中村遊廓を望むことができます。
中村遊廓は、単なる平屋ではなく、「コ」の字型の建物が特徴で、それぞれの廓は莫大な金を掛けて「コ」の真ん中に豪華な庭を造ったそうです。
贅沢好きの名古屋人らしい設計ですね。

・上から見た中村遊廓
DSCF4341

DSCF4337

・多くがそのまま利用されてます
DSCF4336


中村遊廓、もちろんソープ街としても有名ですが、近代の風俗(性のつかないほうです)や文化を色濃く感じることができるステキな街だと思います。
名古屋駅からのアクセスも良好ですので、名古屋を訪れた時は少し散策してみるのもいいですよ。

中村遊郭跡
名古屋市営地下鉄東山線 中村日赤駅から徒歩5分程度