前回行った自転車屋さんにて、「道具はAmazonで揃えろ」というありがたいお言葉を賜ったので、早速チャチャッっと買い揃えました。

ロードバイクを始める時、お金がいくら掛かるのかというのは、誰しも気になるところだと思います。
ロードバイク本体だけなら、安いものでは10万円以下でも買えます。私のように知人から格安で譲ってもらうこともあるのではないでしょうか。

じゃあバイク本体が手に入ったからといって、それだけでロードバイクをエンジョイできるようになるかといえばそうではなく、
「最低限持っておかなければならない」道具やパーツがあります。
個人的に「コレがないと本当にマズい」と思う道具を挙げてみました。


ペダル
私の場合は友人のお下がりなので初めからペダルがついていましたが、ショップでロードバイクを買うと大抵はついてないんじゃないでしょうか。
(ショップで買ったことが無いので分かりませんが……)
ペダルがないと、ロードバイクを漕げません。当たり前ですが。

ポンプ
空気入れです。
コレがないと、タイヤに空気を入れることができません

アーレンキー・ドラーバー・レンチ
ロードバイクのメンテナンスに必要です。
これらがないと、サドルの高さを上げ下げしたり、ディレイラーを調整したり、諸々のパーツを交換したりすることができません。

フロントライト、リヤライト、リフレクター

うろおぼえですが、道路交通法で装着・使用が義務付けられていた気がします。
ライト無しの夜間走行は自殺行為ですので、絶対に止めましょう。

ヘルメット
成人の場合、法律で着用が義務付けられているわけではないですが、車道を走る場合は自動車と接触するおそれがあります。
また、ロードバイクに乗り慣れてくると、原チャリ並かそれ以上の速度を出すことが可能ですが、ロードバイクのタイヤは原チャリのタイヤよりも細く不安定ですので、ちょっとした小石でもすぐ転びます。
高速度で走行中に転倒し頭部を強く打った場合、ノーヘルだと多分死にます。
オートバイと違い、薄着で走ることも多いですし、身体を守る装備はできるだけ身に着けたほうが良いです。
肘や膝を保護するプロテクター等もあると、より安心です。


以下に私の買った道具を紹介します。
無職の私はお金がないですが、安全面だけは疎かにしないよう、多少高くても信頼できるものを、それ以外の道具については、最低限の性能は求めつつコスパ重視で選びました。

・ペダル
今度交換の手順と併せて紹介します。

・フロアポンプ(空気入れ)
SERFAS(サーファス) FP-200 フロアデュアルヘッド 160PSI

SERFASはアメリカのメーカーです。
お値段は控えめですが、性能もデザインもなかなかいいですね。
気圧ゲージも大きくて見やすいです。
また160PSI(気圧の単位)まで対応していて、だいたいどんなタイヤでも満タンまで空気を入れることが可能です。

このポンプ、ノズルの先端にアダプターがついていて、仏式/米式/英式どのバルブにでも使えます。

他にも、Topeak(台湾)とかGiyo(台湾)のポンプも低価格・高評価でオススメです。
台湾にはフレームメーカーとかもありますし、自転車工業のレベルはなかなか高いようです。
本当は↓がほしかったけど、レザインのツールはあまりにも高すぎるんですよね……。

レザイン ALLOY FLOOR DRIVE フロアポンプ



・フロントライト
SERFAS(サーファス) ヘッドライト TSL-100 100ルーメン ブラック 028951

ポンプがSERFASだから、ライトもSERFASにしました。
電源はUSB充電式です。
小さい、軽い、明るい、防水と、性能は十分なのですが、長距離走行する時のことを考えると電池式のほうがよかったかもしれません。


・リアライト
Panasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト SKL090 ブラック

走行中の振動と、周囲の明るさをセンサーで感知し、自動で点滅してくれます。
名前のとおり賢いリヤライトです。
電源は単4電池ですので、出先で電源切れになっても安心ですね。
防水でしたらもっとよかったのですが、そこはテープ等で目張りしたりすれば問題ないレベル。
ホントは
Cateye TL-LD1100 がほしかったのですが、絶版になってしまいました……。


・リフレクター
Celsus(セルサス) スポークリフレクター [3Mスコッチライト使用] ドイツ道路交通法認可

スポーク(ホイールの輪っかとハブをつなぐ細い棒)にはめ込むタイプのリフレクターです。
どの方向から照らされてもシッカリ光るので、視認性はパネル型のリフレクターより良いと思います。
普段の事故防止はもちろんのこと、いざ事故した時の責任問題にもつながりますので、安全対策は万全を期しましょう。


・アーレンキー
KCNC ケイタイコウグ 8PCS TOOL サンドブラスト/ブラック 102461


正直に言うと、もう少し安いものか、いっそ初めはホームセンター等で買ってもよかったのかもしれません。
レンチのサイズは揃っていますが、ドライバーがついてないのが不満です。


・ヘルメット

MET Camaleonte Executive Helmet 2012
IMAG0131
そう本気で走るつもりは無かったため、カジュアルヘルメットを買いました。
カジュアルと言っても、デザインが野暮ったい、重い、通気性・空力性能に劣るくらいで、基本的な構造はサイクリングヘルメットとほぼ同じです。
プラスチック製の外角の中に、衝撃を吸収するための発泡ポリスチレンが入っていて、頭部を守ってくれます。
IMAG0132
後頭部のベルトには、夜間走行時や暗所で後続車に自車の存在を知らせるためのライトがついています。


・スマホホルダー
4~6インチ ナビ スマホ GPS ホルダーマルチ マウントキット マウント径(20~34mm) 脱落防止ストラップ付 (マウント径:Φ20-34 , 5インチ用

スマホアプリを使ってワークアウトする時用に買いました。
ハンドルやステムに取り付けて使います。
ホルダーに収納した応対でも画面を操作できますが、当然操作性は悪いです。
あると便利ですが、無くてもまったく問題ありません。実際ホントたまにしか使っていません。
箱に表示されている対応サイズは本当にギリギリのサイズです。
もし買われる時は、お使いのスマホよりワンサイズ上のサイズ(5インチスマホなら6インチ用のホルダー)を買ったほうがいいかもしれません。


たとえばなんですが、予算が20万円だとしたら、自転車本体に使うお金は多くても15万円まで、残ったお金は道具やパーツに使うお金として計算しておいたほうがいいです。

先に紹介した必需品を揃えるだけでも2万円強はかかりますし、もっとカッコいいヘルメット、足に合うペダルやシューズ、ウェアを揃えようとすると5万円では足りないくらいです。

まあしっかり予算を立てたとしても、パーツを買い足したりカスタマイズしたり、バッグや小物を揃えたりしていくうちに、ズブズブ自転車沼へハマっていくのでしょうけど……。