ここ1週間ほどクソみたいに惨めな旅行の記事ばかり書いているのですが、当時の写真を何度も何度も見返しているうちに気分が滅入ってきたので、少し別の旅行のことを書きたいと思います。

この時に行ったのは、四国・香川県の丸亀市、讃岐うどんで有名な街です。
(ちなみに、丸亀製麺の本社は神戸市です)
この時期も結構アタマが参っていまして、日時や場所は曖昧なのですがお願いします。

高松自動車道から見た丸亀市街地(多分)
DSCF0584

初日は移動のみで終了、丸亀市の繁華街で夕食を摂りました。
丸亀といえば讃岐うどん、夕食にもうどんを食べないといけないわけですが、釜あげやぶっかけは翌日に嫌というほど食べる予定なので、今夜は外道・カレーうどんにしました。
お店の名前は失念したのですが、洋風・和風のカレーうどんがあるお店でした。
和風は出汁を加えたオーソドックスなつゆ、洋風はトロみがあってスパイスの効いたカレーソースで、どちらも大変美味しかったです。

洋風カレーうどん(多分)
DSCF0588

おでんもありました
DSCF0586

丸亀市というと、うどん以外に『骨付鳥』というご当地グルメも有名です。
うどんを食べたばかりなのですが、せっかくなのでこちらも頂きます。
私が入ったのは、丸亀の繁華街にある『一鶴』というお店、骨付鳥発祥のお店だそうです。

骨付鳥
骨付きの鶏もも肉にスパイスをかけ、窯で焼いたものです。
「おやどり(身が大ぶりで歯ごたえがある)」と「ひなどり(身は小ぶりで柔らかい)」の2種類があります。
DSCF0590

とりめし
鶏の出汁で炊いたご飯です。
DSCF0597

高温で焼き上げられた鶏肉、皮も肉も表面はパリパリなのですが、噛むと中から肉汁が溢れてきて、熱いわ飛ぶわ垂れるわで非常に食べづらいです。
ただその分旨いですし、スパイスもよく効いていて、ビールにメチャクチャ合います。
人気店で非常に混雑するため、予約してから向かわれることをオススメします


翌日、朝からうどん巡りの開始です。

1軒目 田村
見た目は「自宅の物置」なのですが、中に入ると立派なうどん屋さんになっています。
DSCF0600

うどん、安いです。
DSCF0604

うどん小と温泉たまごです。
小と言っても、しっかり一玉あります。
DSCF0605

ごちそうさまでした。
DSCF0606


2軒目 山越うどん
次は大変立派なうどん屋さんです。
店舗・駐車場ともに広く、観光バスも止まっていました。
DSCF0608

正午前からすごい行列です。
ちなみに、丸亀のうどん屋さんは朝食の時間帯から営業しています。
この以前に丸亀に来た時には、早朝5時からうどんを食べに行きました。
噂では24時間営業のお店もあるとかないとか。
DSCF0609

素晴らしく素晴らしい広告ポスターがありました。
DSCF0614

立派な店構えですが、うどんは安いです。
DSCF0616

広い厨房で、皆さん手際よくうどんを調理しています。
DSCF0617

茹でたてのうどんにたまごを絡めて食べます。
サイドメニューのコロッケも頼みました。
DSCF0619

広い庭を見ながら、好きなところに腰掛けて食事できます。
DSCF0620


3軒目 場所・店名を失念(山奥!)
休業でした……。
DSCF0624


4軒目 場所・店名を失念(山奥!)
山奥にある、商店のようなうどん屋さんです。
自家製麺で、オジサンがうどんを作っていました。
DSCF0627

DSCF0628

ここのお店、薬味が入れ放題でした。
お得感がありますね。
もちろんうどんも美味しかったです。


午前中はひたすらうどん屋を回り、午後からは金刀比羅宮を詣でました。

金倉川
DSCF0718

金刀比羅宮の門前町
DSCF0643

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町にある大きな神社です。
親しみを込めて「こんぴらさん」という愛称でも呼ばれます。
こんぴらさんといえば、参道に延々と続く階段が有名です。
本宮へ行くまでに785段、奥社へ行くには1368段の段差を登らなければなりません。
金刀比羅宮は象頭山(ぞうずさん)という山の中腹に建っており、こんぴらさん詣ではちょっとした登山です。

こんな感じの階段を、1368段登ります

うどんでお腹がパンパンになっていて、出だしから挫けそうでした。
DSCF0655

狭く急な段差が続く部分もあれば、傾斜がついた広い段差が続く部分もあります。
DSCF0651

参道の階段沿いには、縁起物や土産物屋、飲食店などが軒を連ねています。
DSCF0649

甘栗を炒っていました。
DSCF0648

参道の脇から商店が消え、石の手摺や石塔が現れてきたら、もうすぐ本宮です。
DSCF0657

金刀比羅宮、瀬戸内の神社だからでしょうか、古くから船乗りや海軍・水軍からの信仰を集めていて、今日でも商船会社や海上保安庁との縁は深いそうです。

今治造船から奉納された黄金のプロペラ(参考
大型船で実際に使われるものとほぼ同じものだそうです。
DSCF0660


モルツマーメイド号(参考
アルミ缶をリサイクルして造られた船体に、太陽電池の動力を搭載したボートです。
堀江謙一さんという海洋冒険家の方がこの船で世界一周を達成、その後金刀比羅宮に奉納されました。

旭社

大変立派な建物ですが、これは本宮ではありません。
間違えないでください。
(金刀比羅詣では何度か行きましたが、旭社を見ると毎回「疲れたし、もうコレでいいか……」という気分になります。この日の本宮の写真が無いのも"""そういうこと"""だと思います。)
DSCF0672

お宮から讃岐平野を望む

『讃岐富士』と呼ばれる飯野山が大変美しく見えます。
DSCF0678

ちなみにこちらは平野部から見た飯野山です。
DSCF0725

風の無い日だと、溜池の水面に映える逆さ富士が見られるのですが、あいにくこの日は波が立っていました。

四国名物サイダートリオ
参道の商店で売っていました。
瀬戸内・香川といえば、柑橘類の生産で有名です。
以前の記事で少し紹介した瀬戸田のレモンもそうですが、沿岸島嶼部だけでなく広い地域で様々な種類の柑橘類が作られています。
また、陸地に海が挟まれる地形は、地中海地域と気候条件が似ているため、オリーブの生産も盛んに行われています。
さらに、高級砂糖で有名な和三盆のルーツは四国東部地域(香川・徳島)です。
ゆずは想像通りの味でハズレなし、オリーブはユニークな後味が、和三盆はコクがありまろやか、どれも美味しかったです。
DSCF0714


5軒目 小川うどん
参道を下り終え、またうどんです。
ざるうどんを頂きました。
DSCF0721

うどんを食べ終えると琴平町を出て、神戸・三宮へ移動しました。
神戸で一泊し、翌日はツマガリ本店へ。
ケーキを食べて旅程終了です。
DSCF0743

DSCF0744


ここまで書いてきてアレなんですが、やはり頭がかなりアレだった時期の旅行だったようで、記憶がかなり欠落しています。
(この記事は、写真とGoogle検索をもとにして書きました)
楽しかったはずなので、機会があれば旅路をトレースして、記憶を取り戻したいものです。