先日の記事で丸亀市のことを書いたばかりなので申し訳ないのですが、今回また丸亀市です。
ルートも前回と同じで丸亀市→琴平町ですが、前回と違った場所にフォーカスしているのでご容赦ください。

この時は、0泊2日(と言うのか分かりませんが)の弾丸旅行でした。
ただうどんを食べに行くだけの旅行です。
たしか、会社を退勤→丸亀行き夜行バス→翌早朝丸亀着→丸亀市散策→琴平町散策→夕方丸亀発みたいな日程だったと思います。
なんでこんなことをしていたのかは思い出せませんが……。


早朝5時頃丸亀駅に到着。
早速スケベそうな店を発見しましたが、さすがにもう営業していませんでした。
DSC01355


無人の街です。
DSC01358


市役所近くの道路では、朝市が開かれていました。
DSC01361

DSC01360

さて、はるばる丸亀に来てやることと言えば、1つしかありません。
うどんです。
到着するとすぐレンタカーを借りて、早朝からうどんをかっこみます。

1軒目
名前を失念しましたが、製麺所に併設されているうどん屋さんで食べました。
このうどん屋さん、朝の5時から営業しているそうです。
美味しかったですが、正気を疑います。

かき揚げとわかめ
DSC01363

きつね
DSC01364


2軒目
なかむら』という名店に行きました。
ここも美味しいのですが、朝っぱらからとんでもない行列ができていました。

かまたま
DSC01365

かき揚げ
DSC01366

うどんを待つ人々
DSC01367

『なかむら』を出たのはまだ正午前でしたが、仕事終わりと長距離バスとでクタクタなところにうどんを2杯も食べたので、さすがに食事はしばらくいいかという感じです。


この時は『ひたすらうどんを食べる』がコンセプトの旅だったのですが、早くも胃腸が深刻な状態になってしまったため、回復を待つ間に琴平町へ行きました。
琴平町には、前々から是非行ってみたかった場所があります。
せっかく近くまで来たので、寄っていくことにしました。

JR琴平駅
洋館風のシックな造りです。
DSC01369

DSC01372

駅前の風景
タイル張りの美しい道路です。
左右に並ぶ商店も、昔ながらの雰囲気でステキでした。
DSC01371

琴電琴平駅
なにがきっかけかは覚えていないのですが、一度は来てみたいと思っていた場所です。
ブロック積みの重厚な造りになっています。
和洋折衷というか、洋風のテイストと和風のテイストが織り交ざっていますね。
DSC01384

DSC01385

琴電の車両
鮮やかな黄色のラインカラー、これも生で見たくてたまりませんでした。
ちなみにこの車両(1200形)は、京急のお下がりだそうです。
他地方の小規模鉄道会社同様、琴電の経営状態も厳しいらしいですが、なんとか頑張ってもらいたいです……。
DSC01378

DSC01382

琴電マスコット、イルカのことちゃん
DSC01390


高松琴平電気鉄道を堪能したあたりで空腹感が戻ってきたので、再び食事に戻ります。
前回も紹介した丸亀名物・骨付鳥、この時も食べました。
DSC01391


その後は時間まで再び丸亀散策です。

丸亀城
丸亀城の石垣総高60mは、日本一高いそうです。
DSC01394

お城の中では、菊の品評会が開かれていました。
DSC01396

丸亀城から望む丸亀市の風景
香川県第二の都市だけあって、結構都会に見えます。
瀬戸内海に面した土地には、工場や造船所が建っています。
DSC01399

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

抽象画やモダンアートを中心に展示されている美術館です。
この日は、三味線のリサイタルが開催されていました。
DSC01404

そのうちに電車の時間が来て、JR丸亀駅から帰途につきました。


かなりしんどい旅行で、目当てのうどんも2杯しか食べていないのですが、それなりに香川を満喫することができたと思います。
ただ、琴電に乗らなかったことが本当に心残りです。
琴電も含め、四国で鉄道に乗ったことが一度もないんですよね……。
過去に何度か検討したしたのですが、予讃線や土讃線のダイヤの苛酷さを見て断念してしまいました……。
いつか青春18きっぷを握りしめ、四国鉄道旅にトライしたいです。